世の中の基礎の基礎にあるもの

とかく表面的なことに流されやすい現代の中で、社会のこと、人間のことについて、"なぜそうなっているのか"ということをいろいろと考えていこうと思います。

ポピュリズムの根源には権力の腐敗あり

 今回の参議院選挙で、比例の最後にNHKから国民を守る党が滑り込んだ。

 確かに注目していなかった人には、驚きだっただろう。党名からは明らかに、乱立する泡沫政党のにおいしかしないからだ。しかし事前の世論調査からは、これも十分予期できた。

 

 さて、この当選を、「ポピュリズム」だと言う人々は、さっそく出てきている。

 彼らの党名や政見放送は、それなりの知性を持った人々から見れば「バカっぽく」、明らかに大衆迎合とも言うべき、過激な言動で権力への反感をあおり立てているように見えるからであろう。

 その非理性的な言動をする人々と、それに反応する人々には、昔からそういった人々の反感というものがある。

 

 しかし、どのような時代でも、そのポピュリズムの背景には、やはり権力の腐敗が存在している。

 

 今回のことは、おおげさに言えば、十六世紀の宗教改革を思わせる。

 カトリック教会と教皇の権力が拡大し、ヨーロッパ中から富が集まるようになった。そしてそれに飽き足らず、贖宥状の販売で一般民衆から金を巻き上げた。しかしマルティン・ルターの発表した「九十五箇条の質問状」をきっかけに、その教会制度に対する反対が巻き起こった。そして、ヴェストファーレン条約で一応の政治的決着が着くまでに、実に120年もかかった。

 

 この宗教改革では、二つの言動が対立していた。

 一つは、民衆側の立場である。教会の行為は明らかに、キリスト教の精神に違反したものであり、ただちに改革すべきものである。しかし、彼らはその一つの正義のために、過激な言動や破壊行為を行ってしまった。 

 そしてもう一つは、教会側の立場である。彼らは、その民衆の過激な反抗に反対していた。確かに、それはどう見ても「正しい」とは言えない言動であった。しかし、教会はまた、その背教行為を、すぐには止めなかった。

 

 つまり、民衆側には「教会が権力をくいものにするのはおかしい」という大義だけがあったのに対し、教会側には、礼儀正しい行為やマナー、適法行為を守るということだけがあった。

 大義だけを重視する側と、課程だけを重視する側、その対立点は、もともとかみ合わなかった。民衆側は、すぐにでも教会が権力の乱用を止めるように求めたが、しかし教会側は、そこには何ら反応することなく、民衆の蛮行を非難した。

 

 それと同じことが、結局ここでも起きている。

 N国の支持者は、明らかにNHKの権力は強大だと思っていて、NHKの何らかの改革を求めているが、その感情について、NHK側に着いている人々は、「非理性的だ」と非難するだけだ。

 しかし支持者の人々の行為がどうであれ、それが妥当であるかどうかに関係なく、「NHKがある種の特権を持っている」というのは、誰もが思うことであろう。

 それが、単なるやっかみや文化的な背景を理解しない行為であるとしたら、そうではないことを説明すべきであろう。

 

 しかしそれを、「ポピュリズム」、「バカな大衆」という言葉で人々の行動を否定することで、同時にその行動の根源にある、権力の是非という問題が見過ごされてしまっている。

 それらの言葉は、「そういう人々」が過去に造り上げ、そしてまた、現代の「そういう人々」が受け継いでいる、というわけだ。

 

 もちろん、とんでもない言動をする人々に迎合しろというわけではない。

 だがおよそ、どんなに無学な人々であろうと、社会の問題に駆り立てるには、その大義には、もっともものがある。

 つまり、彼らの行動は認めることはできないが、その根底にある大義には、まず妥当性が存在する。そのことを知らなければ、いつまでもすれ違いのままであろう。

 

 そして、人々に反抗を起こさせるのは、間違いなく権力の腐敗、不当性なのである。その根源の責任は、権力を持っている人々に存在する。